Oct 072013
 

20131006 MTG

■展示についてのおさらい
モデルを見たら生成から評価までの流れがわかるような展示。
来季以降の松川研の新メンバーがこの展示を見たら、設計の設計の内容がわかるような展示をしよう。

■今日やること
具体的な生成から評価までの流れをヒューリスティクスの問題を使って実践してみる。

■松川さんよりTopologicalGridに関するLecture
主体のかたち>メタフィジカルな可能態>フィジカルな可能態
空間軸の4次元立方体を用いた極所最適解に関するレクチャー

■今何をしたいのか
局所的最適解または大域最適解を求めて山登りをしよう!
現段階では、生成⇒評価の流れが実装できるのかを知りたいので、
3*3グリッドの明らかに答えがわかっている問題を設定して、実践してみる。

⇒GAの提案で
・ビット化できること(空間の中で実現する)
・評価基準がわかりやすい(高さ/少なさ)
・ヒューマンインタラクション(プログラムと人間の対話)があるとなおよい。

■今後
明日はブレストで案出しをし、その後は集まれる人が少数でどんどん決めていく。

 

↓以下ヒューリスティクスに関するレクチャー内容

(黄色いマステの部分は間違っているのでぶっ飛ばしてください)
20131006MTG_0120131006MTG_0220131006MTG_03

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>