Apr 112012
 

Eclipseの開発環境が適切に整備されたかの確認方法(Win/Mac共通)とプロジェクトの作り方

1.eclipseを起動する

2.起動すると下図のウインドウが表示されるのでチェックする。(始めの一回だけ)
これは、PCのどの階層(フォルダ)で作業するか(=workspace)設定するウインドウ。
デフォルトで良い場合はとりあえずそのままOK。
(「Use this as the default and do not ask again」のチェックボックスをオンにすると次回からは表示されない)

 

 

 

3.メイン画面に切り替わったら、ウインドウ右上の「Open Perspective」アイコン(下図参照)をクリックし、
「Open Perspective」アイコン>[Others...]>[PyDev]>[OK]
([Window]>[Open Perspective]>[Others...]>[PyDev]>[OK]でも良い)

 

 

 

 

4.プロジェクトを以下の手順で作成する。
4-1.[File]>[New]>[PyDeb Project]をクリックで下図のウインドウを開き、以下を入力。
4-2.[Project name]/(今回は「test00」としておく)
4-3.[Project type]/「Iron Python」を選択
4-4.[Finish]
([Project contenrs:]の「Use default」のチェックボックスをオフにすると、2.で設定したworkspaceをプロジェクト単位で変更することができる。)
(4.2から4-4.まで、下図の赤線に示しているところ)

 

 

 

 

 

5.Pythonモジュール(ファイル)を以下の手順で作成する
5-1.「PyDev package exploler」(Eclipse画面左のウインドウ)内の4.で作成したプロジェクトフォルダ(今回は「test00」)を右クリックし、[New...]>[PyDev Module]をクリックし下図のウインドウを開き、以下を入力
5-2.[Name]/(今回は「test00」としておく)
5-3.[Finish]
(5.2から5-3.まで、下図の赤線に示しているところ)

 

 

 

 

6.前項5.で作成したファイルを「PyDev package exploler」(Eclipse画面左のウインドウ)内のアイコンをダブルクリックし展開する。

 
7.テストコードを作成してみる。下図のように、

print ("Hello world")

とコード画面にタイプする(スペルミスに注意してください)。正確にタイプしたら保存する([File]>[Save])

 

 

 

8.前項7.で作成したモジュールを実行するため、以下の手順を行う。
8-1.ウインドウ側にある緑色の再生マーク(のような)ボタンをクリックする。(下図参照)

 

 

8-2.下図のようなウインドウが出てくるので[Iron Python Run]を選択し[OK](下図参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

8.3.下図のようにConsole画面に「Hello World」が出力されたら、成功。もし、エラーが出たら、何らかの設定ミスがあるので、チェックする。

 

 

 

(Mac OS Xユーザーはここまで。以下、Winユーザーのみ)

 

9.「RhinoPython」のライブラリが関連付けられているか以下の手順で確認する
9-1.下記のように、

import rhinoscriptsyntax as rs

とコード画面にタイプする。(前項までの「test00」ファイルで良い。)

 

 

 

 
9-2.続けて次の行に

rs.

と打ち込む。つづけてキーボードでctr+spaceを入力する。下記のようにコードアシストが表れたら、成功。もし、エラーが出たら、何らかの設定ミスがあるので、チェックする。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>