Lin Chen

Dec 192012
 

講義の目的

系剛性マトリクスを生成するまでの手順を理解する

使用した教科書は 「建築構造力学図説演習Ⅱ」軸力のみ

 

考え方:一部材を作る⇒座標変換⇒重ね合わせ(力の釣り合い)

 

第5章       変位法(剛性法)

   ①一般的構造計算使用

    座標系と力

    正の方向を決める:+の結果がでてきたら、その方向に力が働く

 

 

   ②トラス剛性行列

    材端力:材の端部に働く力

    ひずみ:元の材に対する伸び(縮み)

    ひずんでいる状態は応力発生する状態

    弾力の考え方と同じ、Pと言う力が働いたら、u伸びた

    ヤング係数は材料によって決まる

    ⇒使う材料が決まって、力も決めたら、変形範囲が分かる

    

ベクトルに表現する

 一つの材の場合

    複数材の場合

    二点に動く場合、方程式を解くため、支持条件として、点1個指定する

    部材が交差している場合

    回転行列で表現

    ChenLin

Jun 262012
 

円を二つ作る。


# -*- coding: utf-8 -*-
import rhinoscriptsyntax as rs

#判定するために、二つの円の中心と半径を調べる
id = rs.GetObjects("Select circle")
point1 = rs.CircleCenterPoint(id[0])
point2 = rs.CircleCenterPoint(id[1])

radius1 = rs.CircleRadius(id[0])
radius2 = rs.CircleRadius(id[1])

points=[point1,point2]

#円同士の位置判定

a=True
b=False
def Intersection():
#円同士が衝突する場合

    if (distance<r1 and distance>r2):
        print a

#円が外で接するあるいは中で接する
    elif(distance==r1 or distance==r2):
        print "touch"

#内包する場合
    elif(distance<r2):
        print "containing"
#円同士離れている   

  else:
        print b
distance=rs.Distance(point1,point2)
r1=radius1+radius2
r2=abs(radius1-radius2)  #半径差の絶対値

Intersection()

(作成:陳琳)